Blog

お客様に知っていただきたい情報を随時公開します

串皇のタレ焼きが美味しい。焼鳥と日本酒は薬院の串皇

query_builder 2021/12/20
ブログ
IMG_1502

こんばんは。焼鳥と日本酒は薬院の串皇です。

 焼き鳥の味付け2大巨頭の一角を担うタレ焼き、あの甘辛く、醤油の焦げた香りは子供から大人まで人気の味付けです。串皇でもタレの焼鳥は大人気です。焼き鳥のタレの基本は醤油と酒、甘みを加えるために砂糖あるいは味醂の両方を加えて煮詰めて作ります。甘味の砂糖はお店によって種類が変わってきますし、水飴を加えて甘さと艶、とろみを出したり焼鳥店の店主によってレシピが変わってきます。よくお祭りなどの屋台などで販売されているような焼き鳥のタレは業務用のスーパーなどで見かけることが多いですが、水飴だけでなく果糖液糖など色々な食材や添加物が表記されていたりします。タレの製造は基本的に自分の焼鳥店で手造りしているところが大半だと思います。というのも、お店の味の要になる部分ですから、店主が食材を吟味して自分の焼鳥店の味を作る必要があるからです。さて、ここ本格炭火焼鳥串皇焼き鳥本店の焼き鳥のタレはとてもシンプルです。醤油、酒、砂糖、味醂を使って煮詰めて仕上げます。醤油は超特選丸大豆醤油を使っています。化学調味料や保存料不使用はもちろんですが、通常の醤油に比べて原材料の丸大豆や小麦をふんだんに使用し時間をかけて仕込んでいるため、香りが芳醇で醤油自体に艶があり、旨味も濃ゆく、薄めても味の伸びが良いのが特徴の辛口の醤油を全量使用しています。そのため仕上がりのタレの味がしっかりと輪郭のあるタレに仕上がり、火や熱が加わっても焼き鳥の味が崩れません。そしてこの醤油を伸ばすのに使用するお酒はお米だけで仕込んだ日本酒、純米酒を使って伸ばしています。水は加えません。純米仕込みの日本酒で添加物などが加わっていないため、変な雑味はなく綺麗な旨味だけが溶け込むのが特徴です。そして加える甘味は雑味を抑えたザラメと上品な甘さと旨味を持ち合わせた本味醂を使用しベタつかず、さっぱりした甘さのタレに仕上げていきます。そして原材料を合わせて焦げないよう火にかけて煮詰めていきます。当店の焼き鳥のタレは他の焼鳥店のタレに比べて煮詰め方が浅く、また粘度が低いかもしれません。コクがありながらも意外とさらっとしているのが特徴です。それは仕込む際の原材料の良さに由来するものが大きいのですが、もう一つ大きな理由は焼き鳥の素材、ネタに合わせてタレの乗せ方を変えたいからです。一回でタレを乗せて軽く炙ってから提供する焼き鳥の串ネタもあれば、焼き鳥のタレを潜らせ炭火で炙りながら味を詰めることを2回、3回と素材に合わせて変えていくことで美味しいタレの焼き鳥に仕上気ていくこともあるからです。鶏皮と鶏肝ではタレの乗り方が違います。鶏きもに一回で載せるタレの濃さのタレを鶏皮に乗せると辛くなりすぎてしまいます。タレの味で焼鳥を食べるのではなく、素材の味わいを引き立たせるのがタレの役割のはずですから、本格炭火焼鳥串皇薬院本店ではコクがありながらもさらっとしたタレを仕込んでいるわけです。このタレは創業以来今もなお継ぎ足しながら30年以上が経ちました。お客様に提供しているタレの焼鳥は様々なエキスを含んだ時間が積み上げた旨みの強い焼き鳥のタレに仕上がっています。炭火で焼き上げられた串ネタは煙の香りを纏ってタレの中を潜ります。タレ壺のタレには串ネタからでた肉汁が溶け込み焼き鳥のタレに旨味をk加えていきます。さらに炭の上で焼き込むことで落ちた余分なタレと肉汁が炭火に落ち、煙となって舞い上がることで香ばしい香りを纏います。また、炭火で炙られ醤油が焦げることでなんとも言えない美味しい香りが生まれます。当店では基本的に塩焼きする焼き鳥の串ネタが多いですが、お好みによってタレでもお焼きしていますのでお気軽に申し伝えていただければと思います。ご来店の際は塩焼きだけではなく、タレ焼きの焼鳥もご注文いただけると幸いです。薬院にあります本格炭火焼鳥串皇薬院本店は、創業より30余年となりました。薬院地域のお客様に支えられ、近隣は平尾、高宮方面、オフィスや企業が多い天神博多エリアからもお越し頂いております。店舗は薬院六つ角の交差点と薬院大通りの交差点の間にあります。薬院六つ角の交差点には福岡銀行と西日本銀行が斜向かいに立っています。西鉄薬院駅からも近く、歩いて10分程です。また薬院駅から薬院大通駅までは西鉄バスもご利用できます。博多駅からも西鉄バスのご利用が便利です。天神からは薬院あるいは薬院大通まで地下鉄が通っており薬院大通駅で下車していただきましたら1番出口から地上に出ていただきます。博多方面(東)に向かっていただくと西日本シティ銀行と、福岡銀行がある交差点がありますので交差点を渡ってから左に曲がります。また、天神からですと徒歩でもご来店できます。国体道路を西に下って行き、コンビニのローソンを左に曲がって上人橋を南に下っていくと薬院六つ角の交差点が現れます。交差点をそのまま南へ進んでいただきますと左手の半地下になった所に炭火焼鳥串皇薬院本店があります。福岡銀行と西日本シティ銀行がある薬院大通の交差点まで行くと行き過ぎですのでご注意ください。薬院六つ角の交差点を超えるとマンションなどが多くなってきます。オフィスビルも多くお勤めされるビジネスマンの方や、薬院エリアにお住まいのお客様に多くご利用いただいております。外観内装が昔懐かしい感じの店内は、湯布院の古民家を再現したもので、街中の喧騒から隔離された雰囲気です。落ち着いた店内で時間を忘れ、美味しい焼鳥とお酒をお召し上がり頂きたというこだわりから店舗内には様々な工夫を施しております。お客様のお越しを心よりお待ち申し上げます。


YouTubeの 『わっきーTV』で紹介されました。


[わっきーTV]   

 https://www.youtube.com/watch?v=jGTPcFeFem4


(年末年始の休業のお知らせ)  

 本格炭火焼鳥串皇薬院本店は12月31日(金)〜1月4日(火)まで休業いたします。年始は1月5日(水)18:00〜通常営業いたします。よろしくお願い申し上げます。  


 焼鳥と日本酒は薬院の串皇  

  住所  810-0022                    

     福岡県福岡市中央区薬院1丁目11番7号Sビル1階        電話  092-711-9446

NEW

  • 焼き鳥の塩。焼鳥と日本酒は薬院の串皇

    query_builder 2023/02/03
  • 赤提灯と縄のれん。焼鳥と日本酒は薬院の串皇

    query_builder 2023/01/27
  • 新しい焼き鳥を求めて・・・。 焼鳥と日本酒は薬院の串皇

    query_builder 2023/01/26
  • 焼き鳥店のお料理とお席。 焼鳥と日本酒は薬院の串皇

    query_builder 2023/01/25
  • 焼き鳥のタレ。 焼鳥と日本酒は薬院の串皇

    query_builder 2023/01/24

CATEGORY

ARCHIVE